スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

譲渡条件について

譲渡条件についてお話し致します


人間と違う種族の動物を家族にする。。。
それをどういうふうに感じるか

私の考えをお話しします


ズバリ!
人間を家族にするのと同様だと思って下さい
それが一番の条件です


ですから
独身の方でも、高齢者の方でも
小さいお子さんがいらしても
最初からお断り!
は致しません


でももし、人間の子供の里親になるとしたら。。。
膨大な審査を受けると思うのです



私が膨大な審査をする訳ではありません
皆さまに、考えてほしいのです



たとえばの話をします


高齢出産した女性が、その後離婚
会社では地位もあるので生活費は賄える
しかし
持病もあり自分と子供の行く末に不安!となれば
その女性はそれなりのアクションを起こすと思います



何かあった時の連絡先や生命保険など
その子の生活が困らないようにと。




この女性と同じ目線で考えて頂けたらと
思います



ご自分で考えてみて下さい


こんな小さい仔を一生見られるか
こんな大きい犬を生涯散歩できるのか



ですので




譲渡条件は
個々の動物やご希望された家族で変わってきます


そして
一番、考えて下さった家族が

 プラチナチケット を お渡しできる家族ではないかと

考えています





よろしくお願い致します



さてさて。。。

なこうどKは おばさんです!
世話好きで面倒見良いです!


ご心配なさらずに~(笑)






コメント

わかります〜

コメントありがとうございます
もちろん、どなたかわかります!
私の雷蔵譲渡してもらう…のきっかけは何を隠そう
クロエさんです

そういう活動があること
クロエさんからはじめて聞きました
もう、十数年前です

いつの間にか道は
できていたのかなぁと思います

コメントありがとうございました
ご指導頂けたらと思います

2013/05/09 (Thu) 01:32 | なこうどK #- | URL | 編集
鍵コメさま

本当におっしゃる通りだと思います

人とのご縁も猫とのご縁も大事にしたいですね〜
良いご縁があります様に

2015/02/24 (Tue) 00:40 | なこうどK #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。